スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-CASと終了と与太話

今日はスマートフォントは関係ない与太話です。でたらめ、妄言でただのデマです。虚構新聞と同レベルな感覚で読んでもらえればと思います。

もうすでにご存じの方も多いと思いますが、B-CAS(デジタルTV放送のプロテクト解除のための鍵となるカード)のセキュリティが完全にクラックされました。

B-CASカードを有料放送見放題カード「BLACKCAS」にする手順が判明するまでの経緯まとめ、一体ネット上で何が起きたのか?

スカパーJSAT、B-CAS書き換えによる不正視聴に関して見解を発表

この記事を読んでいてふと思ったのですが、そもそもB-CASカードとは「何」から「何」を保護するものだったのでしょうか?それがまったく理解できません。

もともとは単純に有料放送業者が、契約者に貸出し有料放送を見れるようにする、契約管理的な用途だったと思うのです。そうすればカードは有料放送契約者にしか行かず、かつ有料放送契約者は契約によって縛ることができるので、変造等に対する罰をあたえるなどが可能でした。

ところが地上デジタル放送受信機器すべてにシュリンクラップでバンドルされ、とてつもない枚数がばらまかれ、しかも回収もだれが持っているかの管理も行われない状態になったことで、このような事態になったのだと思います。

そもそものB-CASの謎や問題点は先にあげたニュース記事やWikiに譲るとして、著作権保護に効果があるとは考えられない地上波放送の暗号化とB-CASカードの強制添付がどこでどういう判断で決まったのか?強く疑問を感じます。

DVDに書き込める→DVDはパソコンで見れることが規定事実になっている→DVDに焼けばソフト的な対処で複合化できなければならない→ソフトウェア技術でクラック可能である、という技術的課題が私はあると思っていて、DVDレコーダに1回だ10回だのコピー制限かけて、そこにばかみたいな金を突っ込んでもなんの意味もないとおもうんです。
そしてフリーオ、PT2などの出現がB-CAS=何の意味もないものということを確定させました。

そもそものwikiにもある「「BSデジタル放送を録画したビデオテープがインターネットオークションに出品される著作権侵害があった」とする放送事業者の主張」自体が胡散臭い。そんなもん明らかに著作権法違反で逮捕すりゃいいだけのことだろ?そしてTVで実名報道して血祭りにあげてやれよ。みんなおびえてできなくなるから。なんで1件の事件がなぜルールを変えることにつながるのか。。。。理解に苦しみます。。。。

まあ2chなどで言われていることですが、B-CAS社およびB-CAS社からカードの発注を受けている東芝・松下の両社に相当な天下りがいて、総務省の天下り先確保のための施策としての、総務省所管のTV局の自作自演だったのでは?という気がします。消費者に何のメリットもない。むしろデメリットだらけの制度を強制してしかも金まで取るとか。。。。ありえんだろ。。。。


で妄想するに。

B-CASは総務省の天下り先で総務省はTV局の親玉。TV局は寒流ごり押し。そもそも今のミンス政権もTV朝(鮮)日(報)等のわけのわからん偏向報道が引き金って言えなくもない。でミンス政権は韓国より。
ぶっつぶしたれということで、韓国が嫌いな台湾からミサイル(黒CAS)発射?ってことですかね?
なんかそう考えるとニヤッと笑いが止まらない。

以上、単なる与太話でしたw真に受けないでくださいね。

テーマ : 雑記
ジャンル : コンピュータ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【B-CASと終了と与太話】

今日はスマートフォントは関係ない与太話です。でたらめ、妄言でただのデマです。虚構新聞と同レベルな感覚で読んでもらえればと思います。もうすでにご存じの方も多いと思いますが...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かべぇちゃん

Author:かべぇちゃん
Xperia中心にスマホを楽しんでおります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
特別リンク
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。