スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RayとSDカードとドーピング

以前Link2SDのネタを書きましたが、どうも世の中のBLOGを見ていると速いSDカード(CLASS10)がお勧めとの記事をよく見ます。

わたしはSanDiskでかつ容量32GBが欲しかったのでCLASS4を使っていますが特にこれで困ったり遅いと感じたことはありません。
#なんかCLASS6出るらしい!むちゃくちゃ欲しい!

ちなみにSDHCの転送速度は以下のように定義されています。
Class 2  2MB/sec (16Mbps)
Class 4  4MB/sec (32Mbps)
Class 6  6MB/sec (48Mbps)
Class 10  10MB/sec (80Mbps)

で今使っているSanDiskのClass4はSD Toolsでベンチマークとると、こんな感じです。

normalSD.png

定義は超えてClass6の性能が出ていますw。ついでに読み込み性能はすさまじいものがあります。

でも、もっと速くしたいかな?という人は、SD Speed Increaseというアプリで加速できる可能性があります。(要root)

ファイルシステムのキャッシュ領域をデフォルトの128Kb(ほんとにビットか?バイトの間違いじゃないのかな?)から2Mbや4Mbに増やすことで性能を向上するというものです。

使用方法はアプリを起動すると以下のような画面が出てくるので、スライドバー2048または4096にキャッシュを増やし、Set on every rebootをチェックして右下の火(?)のようなマークをクリックすれば終わりです。

screenshot_2011-11-14_1019.png

でベンチ結果が以下の通りです。

screenshot_2011-11-14_1153.png

一応CLASS10に届いたw
ただ何度かベンチマークしてみると、どうも性能が安定せず、またAnTuTuなどの別のベンチマークでは性能が落ちたりしてます。

ある程度より速いMicroSDHCカードでは効果はないのかもしれませんが、SDカードが遅くて画像の一覧の読み込みに時間がかかるなどの人は試してみる価値はあるかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かべぇちゃん

Author:かべぇちゃん
Xperia中心にスマホを楽しんでおります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
特別リンク
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。