スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auとdocomoと料金

今日docomoショップに行ったが何にも課題疑問が解決しなかった。

そんなわけでがんばって自己シュミレーションしてみる。間違っていたらごめんなさい。
目的としては

・最新型スマホ1台+タブレット1台を入手する。
・SIMはスマホに刺し、タブレットはWiFiテザリングで使用する。
・契約は1回線のままとする。


●docomoのままPを買い、海外端末or白ロムにSIMさしてテザリングすることを想定した場合、11月に購入して2年間のコストを自分なりに算出するとこうなります。


・一括コスト
 Sony Tab P 57,960円 -6,200円(docomoポイント使用)
 Xperia ray or arcS or NeoV 時価(40,000円と設定)
 Xiへの契約切り替え料金 2100円

   →93,860円

・ランニングコスト
タイプXi2年 780円
Xiかけ放題  700円
Xi パケホーダイフラット 5,985円
SPモード+moperaUライト 315円
ユニなんちゃら 7円

→7,787円 × 24か月
  →186,888円

・割引
P購入の月々サポート -1,680円×24カ月
Xiキャンペーン -1,575円×6カ月

  →-49,770円

総計:230,978円


②AU HTC EVO 3DにMNPしてSony Tab Pを契約なしで買った場合。
・一括コスト
 Sony Tab P 62,880円(ソニーショップ)
 HTC Evo 3D 42,000円(某ショップにて)
  ACアダプタ 945円
 MNP手数料 4,935円
 ファミ割、1年割解除手数料 9,975円(間違ってる?)
  →120,735円

・ランニングコスト
タイプSS 980円
ISフラット 5,460円
IS net 315円
WiMAX 525円
ユニなんちゃら 7円

  →7,287円 × 24か月
  →174,888円

・割引
月々割 -1750円×24カ月
WiMAX -525円×2カ月
 
 → -43,050円

総計 252,573円
※ただし各種割引プランによりランニングは下がる可能性がある。
また一括コストのうち端末代金は時間とともに安くなる可能性大。初代EVOの乞食っぷりときたらね~(^^;

③docomoでXperiaはそのまま、tabだけ買った場合(PはWiFiまたはXperiaとSIM差し替え)
・一括コスト
 Sony Tab P 57,960円 -6,200円(docomoポイント使用)
   →51,760円


・ランニングコスト
 6,647円
   →159,528円

・割引
P購入の月々サポート -1,680円×24カ月
  →-40,320円

総計:170,968円

当然③ダントツに安いわけですが、これは成立しない!

なぜなら必ず端末の切り替えはXperiaについては2年以内に必須となる(端末代金5~6万発生)と思われ、そのタイミングでSonyTabの月々サポートは終了になるためです。
半年後と仮定すると、月々サポートは3万円くらい損することになるので、9万円くらいは乗ってくることになります。
docomoの一覧を見るとわかるとおり、タブレット系が月々サポートは高めに設定されており、後からスマートフォンを買い替えるとかなり損になる可能性があります。

ん~、どうすんべ~、悩むな~
nozomiがこの間の発表で発表されていれば、何も悩まなかったのに。。。。

最近docomoの端末高すぎないか?古くなっても全然値下げしないし。どういうこと?????

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かべぇちゃん

Author:かべぇちゃん
Xperia中心にスマホを楽しんでおります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
特別リンク
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。