スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xiとパケホーダイと海外端末

※注意※以下の解説はデータ通信専用プランは考慮していません。スマートフォンはあくまで携帯電話であり、モデムとして使うのは私としては検討対象外です。

海外では多くの端末がSIMフリーで販売されており、端末購入とキャリアとの契約は別々に行うことができます。

docomoもSIMフリーの端末は受け入れていますが、この場合パケット料金がネックとなります。
通常docomoのスマートフォンであれば、テザリングをしなければパケホーダイフラットの場合は5460円ですが、SIMフリー端末の場合docomoがテザリング機能を持たないことが確認された場合以外は10395円になります。

※11月1日からは値下げされて8190円になります。

このdocomoがテザリング機能がないことを確認済みの端末が残念ながらSBの端末1機種のみとなっています。

他社製品の携帯電話機などをドコモのSIMカードでご利用する際の手続き

つまりiPhoneやXperiaの海外SIMフリー機はdocomoのスマートフォンの場合より、2730円高く払う必要があるわけです。
#128Kbpsで我慢すれば5,985円でも使用可能です。

ところがXiの契約プランの場合、Xiパケホーダイフラットではパソコン通信に使おうがテザリングしようがパケット通信料金は一律5985円です。つまり海外端末もこの値段でOKということになります。しかもXiプランであっても3Gの端末にSIMをさせば3Gで通信可能ですので、相当お得です。

7GBを超えると128Kbpsに制限されますが、この値段で抑えようとするとFOMA契約の場合最初から128Kbpsにするより
他になく、また実際の私の使い方では月に2~3GBしか使わないので、かなりお得と言えるのではないでしょうか。

またテザリングで10000円以上払っている人たちもXiにすると通信量さえ低ければかなりの満足が得られそうです。

ちょっとXiにプランがえしてSIMフリー買うか真剣に検討したくなってきました。。。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かべぇちゃん

Author:かべぇちゃん
Xperia中心にスマホを楽しんでおります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
特別リンク
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。