スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GXとテザリングとAPN

すっかり忘れていた。Xperia GX SO-04Dの改造です。

すでにほとんどの人がご存知だと思いますが、docomoのスマートフォンはテザリング時に強制的にAPNをSPモードのテザリング専用APNに切り替える実装がされています。
このことがmoperaユーザや日本通信のSIMなどを使用しているユーザのテザリングを阻害する要因になっています。

私はPPTP VPNを使用したいのでこの実装には困ります。
そこで解除手順です。
#すでにroot済みであることが前提になります。

必要なもの
SUFBSなどのrootエクスプローラ
・titunium backup(SQLLite使うため)
・ADB環境
・20分くらいの時間
・何があっても泣かない強い気持ち。

まずファイルの更新です。
/system/etc/customization/settings/com/android/settings/custom_settings.xmlというファイルを書き換えます。一度SDカードなどにコピーして、書き換えてからSUFBSなどのrootエクスプローラで戻すといいと思います。
書き換え内容は以下の通り。

<setting key=”tether_dun_reauired”runtime=”false”>1</setting>
 ⇒1を0に変更。

<setting key=”tether_dun_apn” runtime=”false”>docomo tethering,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,0,*</setting>
 ⇒行を丸ごと削除。(必要ないかも。。。)

<setting key=”invisible_apn_required” runtime=”false”>true</setting>
<setting key=”invisible_tether_apn_required” runtime=”false”>true</setting>
 ⇒ともにtrueをfalseに書き換えます。(必須ではありませんがこれをするとテザリング中もAPNを変更できます)


これだけだと初期化しないと有効にならないので、さらにSQLLite使って書き換えます。USBデバックONにしてPCにつないでコマンドプロンプトで以下を実行します。

adb shell
su
/data/data/com.keramidas.TitaniumBackup/files/sqlite3 /data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.db
select * from secure where name = 'tether_dun_required';
update secure set value = 0 where name = 'tether_dun_required';
select * from secure where name = 'tether_dun_required';
select * from secure where name = 'tether_dun_apn';
delete from secure where name = 'tether_dun_apn';  ←必要ないかも・・・・
select * from secure where name = 'tether_dun_apn';
.exit
exit
exit

#意味はググって調べてね。

これでmoperaテザリングOK!

#しかしdocomoはいつまでこの実装続ける気だ、、、、Xiになってテザリングで追加料金は発生しない料金体系になったのすでにXi端末には不要な実装で、ユーザに非常に不便を強いる実装なので、もうやめてほしいのですが。。。。

テーマ : XPERIA
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エクスペリア羨ましいです。F-05Dはいまだに何も進展しないですからね。
ホントお金溜まったら絶対乗り換えます(TωT)

Re: No title

次はぜひXperiaAXをどうぞ。おすすめです。
プロフィール

かべぇちゃん

Author:かべぇちゃん
Xperia中心にスマホを楽しんでおります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
特別リンク
RSSリンクの表示
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。